大阪のクリニック:アレルギー疾患・内科・脳神経外科・小児科

お知らせ

ダニ対策について

HD、ダニに対するアレルギーの方は多くおられると思います。どの様な対策をとっていらっしゃいますか?
当院では、下図にお示ししたような点に注意していただくよう提案いたしております。
ご参考になれば幸いです。尚、ご質問などがございましたら、診察の時ご質問ください。


図をクリックすると拡大表示されます。

ブログ更新のお知らせ

当院の管理栄養士さんのブログが更新されました。
今回は、今注目されている鉄や亜鉛などの微量元素のお話です。
是非ご覧ください。

スギ花粉舌下免疫療法について

大阪では、今年のスギ花粉飛散量は少なく、比較的症状は軽かった様に思いますが、いかがでしたか?
舌下免疫療法中の患者様は、特に症状が軽かったようです。

本年も、スギ花粉の舌下免疫療法(シダキュア)を6月から開始いたします。
開始していただくと、来年のスギ花粉症状は、かなり軽快致します。
ご希望の方はご予約お願いいたします。
(TEL. 06-6771-5315)

5歳~11歳を対象とした新型コロナワクチン接種のお知らせ

5~11歳の子どもさんの新型コロナワクチンの接種を4月1日から開始いたします。
12歳以上も引き続き接種いたしております。
ご希望の方は電話でご予約お願いいたします。(TEL. 06-6771-5315)
尚、子どものワクチンについて、厚生労働省の情報を掲載していますので、ご参考にしてください。

メディア情報更新のお知らせ

アレルギーのページのメディア情報に、フジッコ「人に良し」vol.9春号に「アレルギーの基本と花粉対策」
掲載されました。

当院の新型コロナウイルス検査について

当院では、抗原検査を実施していますが、現在検査キットの入手が困難になっています。
そこで、申し訳ございませんが、濃厚接触者で症状のない方の検査は中止させていただきます。

発熱など症状のある方の検査は引き続き実施いたします。
尚、PCR検査をご希望の方は、外部委託となっていますので結果は翌日となります。
ご理解、協力の程宜しくお願い申し上げます。

新型コロナワクチン3回目接種について

当院では2月7日(月)から、新型コロナワクチン3回目接種を開始いたします。
接種券が届いた方でご希望の方は、お電話でご予約お願いいたします。
(TEL. 06-6771-5315)

乳幼児用ミックス離乳食
(Spoonfulone スプーンフルワンR)についてご注意ください

乳幼児用ミックス離乳食(Spoonfulone スプーンフルワンR)は、生後 6 ヵ月以降の乳幼児を対象とした 16 種類の食 物(鶏卵、牛乳、小麦、ピーナッツ、くるみ、ピーカン、アーモンド、カシューナッツ、ヘーゼルナッツ、ピ スタチオ、ゴマ、大豆、エビ、鱈、鮭、オーツ麦)のタンパク質 30mg ずつを含む食品です。
日本小児アレルギー学会のホームページにも記載されていますように、米国では乳幼児の食物アレルギーの発症予防を期待して販売されていますが、日本においてはそのような記載はなく離乳食とだけ記載され販売されています。

事故などが起こらないように、(一社)日本小児アレルギー学会、(一社)日本アレルギー学会、(一社)日本臨床アレルギー学会、(一社)日本外来小児科学会、食物アレルギー研究会から連名で注意喚起が10月8日に発出されています。問題点などが紹介されていますので、ご確認いただき、ご使用の際は充分にご留意下さい。
乳幼児用のミックス離乳食(Spoonfulone スプーンフルワンR)に関する注意喚起|お知らせ|一般社団法人日本小児アレルギー学会 (jspaci.jp)

インフルエンザワクチンについて

今週になり少し追加のワクチンが入りました。
当院かかりつけの方で接種ご希望の方はご予約ください。
(TEL. 06-6771-5315)

新型コロナワクチンについて

2回の新型コロナワクチン接種を、11月末までに終了させるとの大阪市の方針によりワクチンを前倒しで
いただくことになりました。
皆さまには予約の変更などで大変ご迷惑をおかけし、まことに申し訳ございません。
ご協力の程何卒よろしくお願い申し上げます。
また、少しワクチンの余裕ができましたので、当院がかかりつけの12歳以上の子どもさんとそのご家族の
方で接種ご希望の方は対応させていただきますので、ご連絡よろしくお願いいたします。
(TEL. 06-6771-5315)

新型コロナワクチン接種再開のお知らせ

当院では、新型コロナワクチンにつきましては、現在第2回目の方々への接種を中心に実施しております。
8月18日(水)以降は第1回目の接種を再開いたします。
御希望の方はお電話にてご予約宜しくお願いいたします。
(TEL. 06-6771-5315)

新型コロナワクチン接種について

大阪市では、65歳未満の方にもクーポンが送付されています。
当院でも65歳以下の皆様への接種を始めました。
当院がかかりつけの方、かかりつけの子どもさんのご家族の方が対象です。
7月からは土曜日の午後も接種いたしますので、ご希望の方はご予約よろしくお願いいたします。
(TEL. 06-6771-5315)

おたふくかぜワクチンについて

現在国内で任意接種として接種が行われているおたふくかぜワクチンは、小児・成人のいずれにおいても
ワクチンにより免疫をつけるためには2回の接種が推奨されています。
今回、ワクチンを製造している1社の製造過程で問題があり現在ワクチンが不足しています。
問題は解決され11月には通常通り出荷される予定です。
このため、11月までは1歳の1回目の接種を優先とさせていただきます。
ご協力よろしくお願いいたします。

日本脳炎ワクチンについて

当院では6か月から積極的に接種していますが、本年日本脳炎のワクチンが不足しています。
1回目、2回目の接種の方を優先としていますので、追加接種、2期の方はお待ちいただくようお願いします。
ただし、本年度で定期接種の時期が終了する方は接種いたします。
ご協力よろしくお願いいたします。

食物アレルギー時の対する対応と生活管理指導表について

アレルギーをお持ちのお子様におかれましては、入園、入学、進級のために生活管理指導表の提出の時期になっております。保育所におけるアレルギー対応ガイドライン、学校のアレルギー疾患に対する取り組みガイドラインが、それぞれ2019年4月、2020年3月も改訂されました。
いろいろな変更事項がありますが、大きな変更点は、保育所に提出する書類は、園独自で作成された書類ではなく、厚労省の生活管理指導表の提出が必須となりました(今までは推奨でした)。
学校へ提出する生活管理指導表は今まで通り文科省の書式での提出となります。

また、保育所における食物アレルギーの事故は半数以上が初発事故(保育所で原因食物を初めて摂取することにより発症する事故)ですので、予め保育所で提供される食材を2回以上摂取しておくことが推奨されています。
また、事故を防ぎ安全で安心な給食提供が最重要なこととなっていますので、保育所では完全除去または全て摂取の2者択一となっています。保護者の皆様にはご理解、ご協力のほどよろしくお願いたします。

オンライン診療導入のお知らせ

当院では6月1日からオンライン診療を導入いたしました。スマホやパソコンでご自宅にいながらビデオ通話機能を活用して診察を受けることができます。今までは、再診の方のみ利用可能でしたが、今回の新型コロナウイルス感染拡大防止のため、初診からオンライン診療ができるようになりました。

処方箋も診察後お近くのかかりつけ薬局にFAXし(その後郵送します)そちらでお薬を受け取っていただけます。オンライン診療アプリCLINICS(クリニクス) https://clinics.medley.life/ をインストールしていただき、アカウントを作成し、当院の予約ページが表示されましたら、日時を選んでご予約お願いいたします。
ご予約には、保険証とクレジットカードの登録が必要となります。

しばらくの間は、当院で受診された方のみに限らせていただきます。また、ご予約の際は問診のところに、現在の体重、ご希望の調剤薬局の名前とFAX番号、薬剤のアレルギーがあるかどうかなども記載してください。また、オンライン診療では、通常の診療料以外にシステム利用に係る費用が別途700円かかります。 このため保険外費用の同意書が必要となりますので、次回来院された時にいただくか、ご郵送いただくことになります。最初は慣れないため少しずつ開始させていただきます。ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

当院の新型コロナウイルス感染症関連対応について

発熱の患者様は、予めお電話でご連絡ください。
感染予防を徹底するため時間を指定させていただいております。
通常の診察時間以外の時間となりますが、ご協力よろしくお願い申し上げます。

また、藤谷健院長の診察ご希望の患者様も、発熱の場合は必ず事前にご連絡いただきますよう
お願いいたします。
TEL 06-6771-5315 06-4305-8825

尚、日本小児科医会ホームページに、情報を集めていますのでご参考にしていただければ幸いです。

小児科関連情報
https://www.jpa-web.org/pediatric-related_information/pediatric-related_information_2020/kansen_2020/corona.html
一般の皆様へ
https://www.jpa-web.org/information.html
一般の皆様へのコロナ情報
https://www.jpa-web.org/information/ippan_coronavirus.html

★日本小児科医会から「2歳未満の子どものマスクは不要、むしろ危険!」との発表されました。

★保護者交流会に当院の管理栄養士さんから卵・牛乳・小麦除去のステイホームレシピをアップ
していただきました。参考になさってください。また、定期的にアップしていただきます。
https://fujitanicfamilyfoodsupport.wordpress.com/

舌下免疫療法について

本年のスギ花粉に対する舌下免疫療法は、6月から開始いたしました。
皆様、本年のスギ花粉によるアレルギー性鼻炎の症状はいかがでしたでしょうか? 外出が少なく症状が軽かったとおっしゃる方もいらっしゃいましたが、やはりかなり激しいくしゃみ、鼻水、鼻づまりに苦しまれた方も多かったように思います。
当院では、現在200人以上の方々が舌下免疫療法ををされていますが、症状も軽くなり90%以上の方がとても満足されています。来年のスギ花粉症に向け舌下免疫療法をご希望の方は是非ご検討ください。
(予約:06-6771-5315)

当院での舌下免疫療法の流れ
舌下免疫療法ご希望の方には、血液検査、鼻汁検査、呼吸機能等検査を実施し、舌下免疫療法に適している方に対し、実施いたします。

・上記検査(血液検査、鼻汁検査、呼吸機能)
・初回シダキュア 2000JAU 院内で内服。30分経過観察し症状なければ自宅で1週間内服。
・2週目にシダキュア5000JAU 院内で内服。30分経過観察し症状なければ4週間自宅で内服。
・4週後に受診 鼻炎症状や口腔内症状確認。
・異常なければシダキュア5000JAU内服継続。1か月に1回の受診で3年間継続。
・その間スギ花粉飛散時、非飛散時に定期的な血液検査、微絨検査、呼吸機能検査実施。

3年経過後、治療延長、または終了か検討

診療科目

小児科・アレルギー科・内科・脳神経外科

診療時間

 

 

PAGETOP
Copyright © 医療法人博友会 藤谷クリニック All Rights Reserved.