アレルギーについて

アレルギーについて

博友会藤谷クリニック院長 当科では、食物アレルギーや気管支喘息などのアレルギー疾患に力をいれています。 食物アレルギーについては、アレルゲン検索のための血液検査、皮膚テスト、食物経口負荷テストなど各種検査を行ない原因を調べています。
また重症の人に対しては、大阪市立大学付属病院で、アレルギーグループの先生と一緒に様々な食物負荷テストも行っています。
「正しい診断に基づいた必要最小限の原因食物の除去」による食事療法、スキンケアー、それぞれの方に合ったテーラーメイドの治療を目指しています。

管理栄養士による食物アレルギーの対する栄養指導も行っていますので、ご利用下さい。

小児では アレルギーがあってもその発育発達が一番重要です。健やかな成長ができるよう保護者の方々と一緒に子どもたちを見守りたいと思っています。

★診察時には母子手帳をお持ちください。

栄養相談 毎月第3水曜日

管理栄養士による栄養相談を行っております。
食物アレルギー、乳食の進め方、授乳中の食事、偏食、小食、便秘や貧血、脂質代謝異常症などの栄養指導も行っています。

特に、食物アレルギーに対する、必要最小限のアレルゲン除去について、アレルゲン除去中の栄養のバランス、体重・身長などの発育も合わせて指導いたします。
必要最小限の除去食については、食物日誌などを利用し、作りやすいメニューや上手な加工品の使い方なども一緒に考えていきます。

お気軽にご相談ください。(要予約)

当院での食物アレルギー検査について

アレルギーの原因検索の検査
   1)血液検査:IgEや特異的IgE抗体 (RAST)など
          最近ではコンポーネントの検査もできるようになってきましたので
          合わせて実施しています。
            例) 卵:オボムコイド  
              小麦:ω5グリアジン 
           ピーナッツ:Arah2 等
          又必要に応じ好塩基球ヒスタミン遊離テストも実施しています。
   
    2)皮膚テスト:
          プリックテスト:専門のプリック針で皮膚を掻破しアレルゲンエキスを
                  1滴たらして判定します。
          プリック・プリック:疑わしい食品にプリック針を刺し、
                    その針でプリックテストを行います。
          パッチテスト:主に金属アレルギーで実施しています。
                 専門のパッチにエキスを付けて即時型、遅延型ともに
                 判定できます。 

    3)食物除去試験・・・原因アレルゲンと疑われる食品を完全除去することに
               より症状の変化(軽快度)を経過観察して判定します。 

    4)食物経口負荷試験
            ・・・食物除去試験によって軽快した例に対し、原因アレルゲンを
               摂取して反応を観察する重症の症例は大阪市立大学附属病院にて、
               多くの症例に対しては当クリニックで実施しています。

★食物アレルゲンは検査の他 食物日誌などによってわかることも多いですので、
 保護者の方には食物日誌をつけていただいています。

アレルギーっ子ママ交流会

当院通院中のアレルギーっ子ママの交流会を毎月1回開催しています。
管理栄養士さん、先輩ママたちが集まっての楽しい会です。

ご参加ご規模の方はクリニック(06-6771-5315)までご連絡下さい。
ご参加をお待ちしています。

ブログを読む

呼気NO測定

呼気中一酸化窒素「NO」の測定を始めました。
これは気道の炎症状態を測定するもので、気管支ぜん息のコントロール状態や、鼻炎の状態がわかるものです。少し難しいですが、小学校以上の方から測定することができます。

   呼吸機能測定

今まで通り、ぜん息日記や、ピークフローも大切です。そしてこの「NO」の測定を組み合わせることによって治療方針がよりわかりやすくなります。
夏休み、何人かのかたがたの測定をして、とてもいい結果が出ました。
秋に向けぜん息のコントロールが難しくなる季節です。

また、お時間のあるときに測定に来てください。

   測定結果

 

舌下免疫療法

当院ではスギ花粉とダニによるアレルギー性鼻炎に対し舌下免疫療法を行っています。舌下免疫療法はスギ花粉は2015年年から、ダニは2016年から保険適応となりました。
今までの治療であまり効果のなかったスギやダニによるアレルギー背鼻炎の患者様には、一つの新しい治療法として期待されています。

まだ、子供さんの適応はありませんが、12歳からの方は実施することができます。この治療法は、即効性は無く、2年3年と続けて行く中で効果が出てきます。毎日毎日決められた量のお薬を舌の下に入れて2分間待ちその後飲み込む方法です。
以前からされていた皮下注射による免疫療法と同じ原理ですが、注射ではないので痛くないことと、病院まで毎日来られず家でできること(月1回受診が必要です)、またアナフィラキシーが起こりにくいことが長所と言われています。

現在当院では50人以上の方に舌下免疫療法を行っていますが経過は大変良好です。特にスギ花粉に対する舌下免疫療法は副作用も少なく、スギ花粉飛散時期にも症状が軽くなりとても喜んでおられます。
具体的には、外出しやすくなったり、お薬を飲む量が減ったり、夜間も気持よく眠れたり、テイッシュを使う量が減った等、多くの方がおっしゃっています。

本年度は6月から新たにスギ花粉の舌下免疫療法を開始いたしました。この舌下免疫療法は、スギ花粉が飛散していない時に開始する必要があります。冬までに維持期になるように出来るだけ早くに開始していただきたいと思います。夏は比較的花粉などが飛んでいない時期ですので、始めるいいチャンスです。
尚ダニに対する舌下免疫療法はいつからでも開始することができます。 ご希望の方は、当クリニックにご連絡下さい。

*こんな方におすすめです!*

・治療期間が2年以上になったとしても、根本的にスギ花粉症やダニアレルギーを治したい方。
・薬の量を減らしたい方、止めたい方。
・根本的治療をして症状をやわらげたい方。
・花粉症のお薬で眠気やのどの渇きなどの副作用がひどい方。
・花粉症のお薬や点鼻スプレーを使っても、症状が軽くならない方。
・月に1回来院が可能な方。(舌下免疫療法は定期的な通院が必要です)

 

アナフィラキシー

アナフィラキシーは、食物、薬物、ハチ毒などが原因で起こる、即時型アレルギー反応の一つの臓器に
とどまらず、皮膚、呼吸器、消化器、循環器、神経などの複数の臓器に重篤な症状が現れることです。

 皮 膚:全身性じんま疹や赤み、痒み
 呼吸器:声がれ、咳、喘鳴、呼吸困難など
 消化器:持続する腹痛、持続する嘔吐・下痢など
 循環器:血圧低下、不整脈
 神 経:活動性の低下、意識の低下など

アナフィラキシーショック

アナフィライシーにおいて、ショック症状を伴う場合アナフィラキシーショックと呼び、迅速な対応が
必要です。 抗ヒスタミン剤やステロイド剤の内服だけでなくエピペンの使用が必要となります。

エピペン

アナフィライシーショックの時に使用します。
体重15kg~30kg未満用の0.15mg製剤30kg以上用の
0.3mg製剤の2種類があります。
エピペン接種にて約5分で症状が軽快します。

エピペン

 

日本小児アレルギー学会「鶏卵アレルギー発症予防に関する提言」について

日本小児アレルギー学会では、「食物アレルギー診療ガイドライン2016」や、国立成育医療研究センターより報告されたPETITスタディに基づき、医療関係者を対象として「鶏卵アレルギー発症予防に関する提言」を6月16日に発表しました。

その骨子は、以下4項目です。新聞報道などもあったため皆様も関心を持たれていることと思います。重要なのはこれはあくまでも鶏卵アレルギーの発症予防のためのもので 既に鶏卵アレルギーを発症している方は容易に鶏卵を摂取することは、危険であるので誤解の無いようにしていただきたいと思います。主治医の先生と十分にご相談下さい。

提言の骨子

  1. アトピー性皮膚炎に罹患した乳児では、鶏卵の摂取が遅いほど鶏卵アレルギーを発症するリスクが高まるというエビデンスに基づき、鶏卵アレルギー発症予防を目的として、医師の管理のもと、生後6か月から鶏卵の微量摂取(加熱)を開始することを推奨する。

  2. 鶏卵の摂取を開始する前に、アトピー性皮膚炎を寛解させることが望ましい。

  3. 乳児期早期発症のアトピー性皮膚炎、特に重症例では、この提言を実行するにあたりアレルギー専門医や乳児期のアトピー性皮膚炎や食物アレルギーの管理に精通している医師による診療を受けることを推奨する。

  4. 鶏卵の感作のみを理由とした安易な鶏卵除去を指導することは推奨されない。

  5. 本提言は発症予防のためであり、すでに鶏卵アレルギーの発症が疑われる乳児に安易に鶏卵摂取を促すことはきわめて危険であるため、「食物アレルギー診療ガイドライン2016」に準拠した対応をする。上記骨子から、対象症例の選択と摂取開始前のアトピー性皮膚炎を寛解させた後の導入が重要である。詳細は「鶏卵アレルギー発症予防に関する提言」を参照されたい。
    http://www.jspaci.jp/modules/membership/index.php?page=article&storyid=205

 

ヒアリとハチアレルギー

最近ヒアリについて報道が多く皆様も心配されておられることと思います。ヒアリの症状は軽症~重症まで様々ですがハチ毒と交差反応を起こしますのでハチアレルギーの方は気を付けてください。簡単にまとめましたのでご参考になさってください。

ヒアリは、原産は南米で、世界各地に外来生物として侵入・定着しており、大きな問題となっています。日本でも本年6月に尼崎で見つかって以来、大阪、横浜、愛知、東京など各地で見つかり、その危険性につき報道されています。体長は2.5~6mm 程度、体色は主に赤茶色の有毒のアリです。その有毒性から特定外来生物に選ばれています。

ヒアリは、極めて攻撃性が強いとされており、1度に7~8回集団で刺すこともあります。刺された際には熱感を伴う非常に激しい痛みを覚え、水疱状に腫れ、その後、膿が出ます。この火傷のような熱い痛みから火蟻(FireAnt)と言われています。
さらに毒に含まれる成分に対してアレルギー反応を引き起こす例があり、局所的、または全身にかゆみを伴う発疹(じんましん)が出現する場合があります。症状は軽症~重症まであり、それぞれの症状に応じて落ち着いた対応が必要です。

ヒアリの毒には、アルカロイド毒であるゾレノプシン(2-メチル-6-アルキルビペリディン)のほか、ハチ毒との共通成分であるホスホリパーゼやヒアルロニダーゼなどが含まれているため、ハチ毒アレルギーを持つ方は交差反応によりアナフィラキシーが出現する可能性もあり注意が必要です。
ヒアリに刺された方がアナフィラキシー症状を引き起こした場合、アドレナリンを注射するなどの適切な救急処置をとる必要があります。

詳しくは、アレルギー学会HP内の「ヒアリに刺された時の留意事項について」
http://www.jsaweb.jp/modules/news_topics/index.php?page=article&storyid=286

平成21 年に環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室から発行された、「ストップ・ザ・ヒアリ」をご参照ください。
https://www.env.go.jp/nature/intro/4document/files/r_fireant.pdf

又、ハチアレルギーについては血液検査で有る値度予測はつきますので、ご心配の方はご相談下さい。

 

メディア掲載情報

ご近所のお医者さん

平成26年1月に毎日新聞の「ご近所のお医者さん」に掲載されました。
(画像をクリックすると記事が拡大されます。)

アトピーなう

食物アレルギー、アトピー性皮膚炎について「アトピーなう」平成26年3月に掲載されました。(画像をクリックすると記事が拡大されます。)

HORIBAメディカル

株式会社堀場製作所のリーフレットに掲載されました。
(画像をクリックすると記事が拡大されます。)

ハッピーノート

平成26年6月に「Happy-Note」 vol.39夏号に掲載されました。
(画像をクリックすると記事が拡大されます。)

HealthyLife

平成27年8月に産經新聞の「Healthy Life」に掲載されました。
(画像をクリックすると記事が拡大されます。)

ハッピーノート

平成27年11月に「Happy-Note」 vol.45冬号に掲載されました。
(画像をクリックすると記事が拡大されます。)

HealthyLife

平成28年1月発行の「Petitpied Petitemain」に掲載されました。
(画像をクリックすると記事が拡大されます。)